バンクイック増額の際に用意する必要書類

カードローンは限度額以内なら何度でも借入ができるので便利ですが、限度額が低いとすぐに限度額いっぱいになり思うような借入ができなくなります。
思うような借入ができなくなると、他社からキャッシングすることになり、返済が大変になってきます。
他社へのキャッシングの申込みをする前に、限度額を増額する方法もあります。
ある期間返済を繰り返して、実績を積めば限度額の増額もできます。
バンクイックでも限度額の増額はおこなえます。
バンクイックの専用会員ページやフリーダイヤルから申請できます。
審査があるので、必要書類は本人確認書類と、収入証明書を用意してください。
希望額が少ない場合は、収入証明書はいらない場合もあるので、よく確認しておくといいでしょう。
バンクイック側から、増額しませんかと連絡がくることもあるので、その時に申請すると審査に通りやすくなります。
あまり急激に希望限度額をあげると、審査に通りにくくなるので、少ない額から少しずつあげて行く方がいいでしょう。
返済の途中で返済遅延をおこしたり、他社からの借入をしている場合は、審査に通ることは難しいので申込まない方がいいでしょう。
返済遅延をしていることがわかると、逆に限度額を引き下げられることもあるので注意が必要です。増額審査に確実に通したい方はバンクイックの増額審査に通すポイントも参考に準備をしておくと良いと思いますよ。

バンクイック増額審査にかかる時間

バンクイックの限度額を大きくしたいと思ったときに気になるのが増額審査時間です。大きくするためには申し込みをして、そこから審査を行います。そして、その審査に通ってから初めて利用できるようになります。それまでには時間がかかります。では、実際にどれくらいの時間がかかるのかというと、数日から1週間くらいの間には完了します。1ヶ月も2ヶ月もかかっていると、使いたいときに間に合いませんから、これくらいの時間で終わるのは魅力的なことだと言えるでしょう。

その審査の内容は、バンクイックに最初に申し込みをしたときと同じようなもので、年収や勤務先、信用情報などが問われます。そして、必要なら書類の提出も求められます。希望する金額が高額になる場合には、収入証明書類の提出は免れないでしょう。この場合には書類の提出が完了する手続きの分だけ時間はかかるという点に注意しなければなりません。具体的に見ていくと、100万円を超える限度額を希望する場合には提出しなければなりません。ですから、現在の限度額が50万円で、それを後50万円だけ増やしたいと言ったときには提出は求められないのが普通です。30万円から50万円くらいは比較的簡単に増額できます。

バンクイック増額(土日)の対応

バンクイックは銀行が提供しているカードローンのサービスで、総量規制の対象外ですから消費者金融などに比べると限度額を大きくしやすいというメリットがあります。しかし、契約をしたばかりの時には限度額があまり大きくないのが普通で、金額に不満を持つ人もいるでしょう。限度額を増額したいと思ったときにはどうすれば良いのでしょうか。まず手続きを始めなければなりません。

バンクイックの増額は、基本的には電話で申し込むこととなっています。担当部署は第二リテールアカウント視点で、ここには専用ダイヤルがあります。電話をかけて限度額を大きくして欲しい旨を伝えれば手続きが開始されます。このダイヤルは対応時間が限られていますから注意が必要です。平日は午前9時から午後9時まで対応してくれますし、土日でも午前9時から午後5時までは対応してくれますから、平日は忙しい人でも申し込めます。

どうしても電話をかけることができないなどの理由がある場合には、会員ページから申請することも可能です。会員ページにはいつでもログインできますから、こちらも便利です。手続き自体は平日に行われるようですが、とりあえず会員ページにログインして申請しておくと良いです。

バンクイックの増額審査の内容

バンクイックで定期的に借入をしている人の中には、もう少し借りたいと思う人もいるのではないでしょうか。このときには増額の申請をすれば良いのですが、申請をすれば増額審査が行われます。それに通れば限度額を大きくできます。

バンクイックの増額審査の内容は公表されていませんから、詳しく知ることはできませんが、最初に申し込みをしたときの審査と内容としてはそれほど大きな違いはありません。年収や信用情報を元にして審査が行われます。基準に一致すれば審査に通りますが、場合によっては増額ができないこともあります。

バンクイックで増額をするためには、まず電話で申請します。平日は9時から21時まで、土日祝は9時から17時までとなっていますから、この時間に電話をかけましょう。また、会員専用ページにログインすればそこから申請することも可能です。

年収や信用情報が審査では重要視されますから、例えば最初に申し込みをしてから年収が上がった人なら、審査に通りやすくなります。逆に、クレジットカードなどを使っていて滞納をしていればその情報は信用情報として流通しますから、審査に通る可能性はきわめて低くなりますから、申請するべきではありません。

バンクイック増額審査の電話

バンクイックで限度額を大きくできるという電話がかかってくることがあります。それに応じれば増額できます。突然電話がかかってきますが、これは条件を満たした人に機械的に連絡しているだけです。銀行としてもバンクイックでたくさん借りてもらった方が良いですから、基準を満たした人には積極的に連絡をしているのです。

誰もができるわけではなくて、まず信用力が必要となります。1年間利用していて返済が遅れたことのないというのがバンクイックでは前提となります。滞納がなければ信用力が高まります。逆に滞納をしていれば信用力が低くなりますから、増額はできなくなることの方が多いです。

銀行側から連絡がくることもありますが、来なかった場合でもこちらから申請をすることで増額審査を受けられます。電話で申し込みをすれば手続きが開始されます。また、会員ページにログインすれば、増額の申請ができますから、そこから手続きを開始することもできます。どちらの場合にも増額審査を受けなければなりませんから、審査に通らない人は増額はできません。また、審査の過程で在籍確認が行われたり、あるいは書類の提出を求められたりすることもありますから、それに対応していかなければなりません。